家を売却先はお金と時間をどちらを優先するかで決まってくる

家を売却するという経験はなかなかないことなので、売却先をどこにすればいいかということも当然不安点となるでしょう。

主な売却先としては不動産会社が挙げられると思います。

ですが、一口に不動産会社に売却といっても売却方法が変わってくるのです。

まず、不動産会社に仲介をしてもらう方法。

この方法は、不動産会社が広告など流通ネットワークを介して買い手を見つけ、その買い手に売却をするということです。

これによって、買い手を探してもらい、その買い手に売却をするということです。

次に、不動産会社に直接購入してもらう方法。

こちらは、不動産会社が購入し、不動産会社が一旦所有するということです。

この2つの方法の大きな差は、なんといっても買取金額です。
家を売るなら

仲介しての売却の場合、既に購入者が決まった状態です。ですが、不動産会社が購入する場合ですと、まだ買い手が決まっていない状態となります。

ですので、買い手が決まっていない状態の方が売却金額が少し低いです。

ですが、仲介しての売却方法は売却金額がそれなりの額とはなりますが、確実に購入者が決まるまでの時間がかかってきますし、仲介手数料も発生してきます。

これらを踏まえ、自分の希望に合った売却先を検討してみてはいかがでしょうか。