なぜ住宅ローンは年金生活になる前までに完済する組み方にすべきか

住宅ローンの組み方には、収入などは大いに関わってきます。少なくとも収入が無い状態で、返済をするような組み方は避けた方が良いでしょう。
例えば、定年退職などは考える必要はあります。もちろん住宅ローンという商品は、安定収入がある事が前提になります。会社勤めをしている事で、一応は収入源は確保されているでしょう。すなわちお金が安定的に支払われるという前提条件で、住宅ローンを組むことになるのです。
ところが定年退職をしますと、もちろん状況は大きく変わってきます。サラリーマンとして現役で働いていた時と比べれば、明らかに収入の状況は変化するでしょう。年金所得だけでは、やや難しくなる傾向はあります。
家を売る相場はいくら?
このため返済は働いている時に限定するべきという考え方もあります。仮に60歳に定年退職をするなら、60歳までに完済をするという住宅ローンの組み方が良いのです。
仮に70歳までに完済する組み方にしてしまいますと、老後になってから苦労する可能性があります。68歳などでは年金だけに限定されてしまいますから、住宅ローンの返済で苦しんでしまう可能性が大だからです。
つまり住宅ローンを組む時は、老後を考える必要があるのです。それに加えて収入源などもよく考えておけば、失敗する確率は低くなると見込まれるでしょう。